<   2018年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。


やればできるんでしょ と国道も主要道路もちゃんと除雪してました。
が、ちょっと通りへ入ると・・・相変わらずのメチャクチャな道路でした。
変に融雪剤を蒔いているためか、スリップしてハンドル取られたり、自分の意に反してクルマが動いてしまいます。
行政はやる気あんのかなあ。

【 藤圭子 「京都から博多まで」 】
https://www.youtube.com/watch?v=spyK3M343zY

なつかしいなあ。

c0360130_21101792.jpg
c0360130_21102334.jpg
c0360130_21103072.jpg
c0360130_21103636.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-31 21:10 | デジカメ散歩 | Comments(10)

道路が除雪されない悲劇

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。


国道はそれなりに除雪されているのですが、まだまだ十分とは言えない状況でした。
一番ひどいのは市道です。
函館市の怠慢さに市民は怒り心頭だと思います。
車道も歩道も除雪する気持ちはまったくなしの状況。
事故が起きても不思議でないくらいひどい状況です。
税金返せ! と言ってやりたい。

【 「東京砂漠」  内山田洋とクール・ファイブ 】
https://www.youtube.com/watch?v=q_q6INQnEYs

クールファイブは好きでしたねえ。
独身のころ、風呂に入ってよくクールファイブを歌っていました。
この曲、演歌というよりはポップスだとボクは思います。

c0360130_19361759.jpg
c0360130_19362435.jpg
c0360130_19363034.jpg
c0360130_19363804.jpg
c0360130_19364603.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-30 19:37 | デジカメ散歩 | Comments(7)

今冬一番の最悪

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。


短時間で積もった雪を除雪するヒマなく、朝の通勤がはじまったので、国道はハンドルを取られるほどグチャグチャの積雪状態。
スリップを何度もしそうになりましたが、行き帰り、無事無事故ですみました。
明日もかなあ。すげえ憂鬱。

【 Olivia Newton John 「 Xanadu 」 】
https://www.youtube.com/watch?v=cLi8fTlDEag

40代後半にアクアビクスを習っていた時に、インストラクターが大好きな曲だったので、耳にタコができるくらい覚えてしまいました。リズムを取るためにはいい曲なんだろうなあ。
最初は誰が歌っているのか見当もつきませんでしたが、「ああ、これはオリビアの声だな。」とわかったときが良かったなあ。

c0360130_20564172.jpg
c0360130_20564739.jpg
c0360130_20565264.jpg
c0360130_20565865.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-29 20:57 | デジカメ散歩 | Comments(14)

希望

明日から、またがんばるか。
日曜日の今ごろは、いつもこういうふうに考える。
いつまでこういう暮らしをするのか、そういう疑問もあるけど。
明日からまた仕事だというのに、ウィスキーの水割りがうまい。
大好きな岸洋子さんの、それも一番大好きなこの曲を聴きながら、そうして眠ることにしよう。
みなさん、おやすみなさい。

【 「希望」 岸洋子 】
https://www.youtube.com/watch?v=d_q8RnZSykA

c0360130_22050839.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-28 22:05 | Comments(10)

今日も寒かった

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。


今日も寒かったです。
予報だと今週から例年並みに戻るということなんですが、どうなんだろ。
外に出るのも、ちょっとおっくうになります。
明日から仕事がまたはじまりますが、冬型事故のないように、ただ祈るしかないです。

【 「サボテンの花」  チューリップ 】
https://www.youtube.com/watch?v=bwbb-TnPBeA

名曲です。この時期にいいんだろうなと。

c0360130_17125937.jpg
c0360130_17130566.jpg
c0360130_17131298.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-28 17:13 | デジカメ散歩 | Comments(0)
NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」がとうとう終わりました。
2016年3月の初回放送からずっと観ていました。
綾瀬はるかがイメージを180度変えての用心棒役。
まわりの役者も豪華でした。ストーリー的には普通だったような気がしますが、特撮がすごかったなあと感動しました。
でも、やっぱり綾瀬はるかでしょう。ちょっと、これで「石田ゆり子」さまオンリーがぐらつきかけたこともありました。
すてきな役者ですわ。
長い間、おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。

【 「I Remember Clifford」 高中正義 】
https://www.youtube.com/watch?v=IcSompaP1Bs

高中の演奏では、好きな曲に挙げられるジャズのスタンダードナンバーです。夜に聴くと、ほんとメロメロになりそうですわ。
おやすみなさい。

c0360130_22575387.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-27 22:58 | デジカメ散歩 | Comments(8)
ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。

お日さまは出ているのですが、寒い。
それでも、悪天候で外出できなかった分、今日は撮影してきました。
明日も雪マークなんで、1月はあきらめモード突入です。

【 映画「ニューシネマパラダイス」 】※若き日の恋
https://www.youtube.com/watch?v=84spiCHBAgQ

【 映画「ニューシネマパラダイス」 】※ボクが一番好きなシーン
https://www.youtube.com/watch?v=wF0VT9n7yP8
グラスがスローモーションで落ちて割れるのが、過去の想い出を蘇えさせているようです。

【 映画「ニューシネマパラダイス」 】※ダイジェスト版
https://www.youtube.com/watch?v=RTy_XOpG2ag

★★★★★

トトとエレナ、それにアルフレード・・・この名前を聞いて、ピンと来た人がいたら、ボクは称賛したい。
日本で1989年に公開されたイタリア映画「ニューシネマパラダイス」の主役たちの名前である。

アカデミー賞の外国映画部門を受賞したほど世界で愛され、「風と共に去りぬ」「アラビアのロレンス」、そして「ベンハー」などの大作には及ばないものの、映画というものをこよなく愛している人たちが創ったストーリーと映像に感動してしまう名画だと、ボクは思う。

あらすじはここでは詳しくは語らないので、観ておられない方は、レンタルでぜひご覧になっていただきたいと願っているが、スポット的に紹介したい。

あのイタリア映画独特の最初は喜劇、後半から悲劇となる創りに、ビットリオ・デ・シーカ監督、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ共演の「昨日・今日・明日」や「ひまわり」を連想してしまうあたりは、これがきっとベースになっているんだなと納得。

物語は、映画がイタリアの小さな村の娯楽となっていた大戦直後から始まるが、主人公トトが映画にかかわるきっかけとなったストーリーがおもしろおかしく表現されている前半があっという間に過ぎ、映画館が焼失し、技師のアルフレードが視力を喪失、その代わりにトトが技師となるあたりから悲劇へと変わっていく。

ある日、エレナという金髪美少女が転校してくる。その美貌にトトは一目惚れし、告白することになるが、そのあたりのシーンが恋愛というテーマを見事に表現していると思う。特にあの映写室でのキスシーンは最高に泣けて、DVDで何度も見てしまう。

やがて、二人はすれ違いで離ればなれになり、一方で、アルフレードから「この村にいてはいけない。」と言われ、トトはこの村を去る。

それから、恩師アルフレードの死を知らされ、去ってから初めて帰郷したトト。トトは映画監督として成功していた。

トトが戻ってきたとき、手編みをしていた母親の、その毛糸が身体にからみ、伸びていくシーンに親心というものを感じ、ここでまた涙。

トトは、酒場で酒を飲もうとしたとき、ふと外を見ると、愛したエレナそっくりの女性を見かける。そのシーンに、「男には一生忘れられない女性がいる。」という言葉を思い出し、思わず号泣する。このシーンが一番好きだなあ。
男という生きものは、若いときに恋愛した女性をいつまでも記憶にとどめているんだよなあ。

その女性はエレナの娘だということがわかり、母親となったエレナと再会するが、クルマのなかで抱き合うシーンにまた涙。男の願望だよなあ。

その後、時代の波が押し寄せ、映画館が解体されることになるが、その取り壊しのシーンに、ひとつの時代が終わるということをうまく映像化しているが、反面、なにかこうやるせない気持にかられる。

そして、うれし涙が遠慮なくボロボロと流れていく感動のラストシーン。これは、言えねえなあ。

いろんな映画を観てきたけど、この映画がボクのベストワンです。

かなり昔のことだけど、あの落合恵子さんがこう話していたことを思い出す。

『イタリア映画ってさ、立派な映画館のゆったりした椅子で1本立てで観るより、トイレの匂いがする古ぼけた映画館のギシギシした椅子で、それも3本立てで観るのが似合っている。庶民的で、だから大好きなんですよね。』

c0360130_16411759.jpg
c0360130_16413779.jpg
c0360130_16414315.jpg
c0360130_16415109.jpg
c0360130_16415750.jpg
c0360130_16420496.jpg



[PR]
by ejichan555 | 2018-01-27 16:42 | デジカメ散歩 | Comments(10)

再延期

明日行く予定の「奥津軽ぶらっと日帰りツアー」は、来週へ再延期となった。
今週の異常低温と降雪が主な理由だが、一緒に行く予定の山ガールの1名が風邪となったこともある。
来週は、「曇り」マークでそんなに気温も低くない予想なので、三度目の正直とやらで行けるでしょう。
お祈りするしかないですね。

【 コブクロ 「 流星」 】
https://www.youtube.com/watch?v=NshFw-eUj4c

名曲ですね。この曲を聴きながら寝ます。おやすみなさい。

c0360130_23442253.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-26 23:49 | Comments(6)

つかの間の休息?

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。

今朝の雪景色で、今日はどうなるんかいな とビビっていたけど、床屋へ行っている間に晴れてきました。
ボクの行いは別として、寒いけど晴れているっていうのは、つかの間の休息と考えたいな。
また、明日も明後日も雪マークだし。

【 「An Old Fashioned Love Song」  Three Dog Night 】
https://www.youtube.com/watch?v=1977Ij-wl3I

なつかしい曲です。
このグループの泥臭い雰囲気が好きでした。
オーストラリアのことわざ「寒い夜は、三匹の犬を抱いて寝るといい」がグループ名になったそうです。
なるほど、でも、うちには犬がいない・・・

★★★★★

『北海道ってさ、150年しか歴史がないでしょ・・・』

誰だ! こんなことを平気で口にしているのは! と、テレビを見ていて怒り心頭状態となった。
なるほど、確かに北海道開拓使が置かれて開拓された札幌を中心とする「道央」などの歴史は150年くらいしかない。

だが、しかしである。
北海道にもともと住んでいたアイヌ民族は、その以前からずっと定住しているし、江戸時代に名を轟かした「松前藩」だってあるのだ。

そもそも、函館という名の根源が、1450年ころに河野政通という豪族が「箱のような館」を築城したからであることや、ほぼ同年代にアイヌ民族の酋長「コシャマイン」が和人(日本人)の悪行に蜂起し、日高から函館まで攻めてきたという事実、これは有史にはならないのかい?

もっと譲って、1800年前後に活躍した江戸時代の豪商、淡路島出身の「高田屋嘉兵衛」が北前船で、コンブや身欠きにしんを関西へ運んだという事実はどうするんだよ。その身欠きにしんが、京都の「にしんそば」の原料となったことをどう説明するんだよ。ったく。

この150年うんぬんの話を持ち出したのは、北海道の某テレビ局の女性アナウンサーであり、浅はかなこのコメントを深く反省してほしい。
キミが「150年の歴史」と言っているのは、札幌のことだろう、北海道全体のことじゃないだろう。
北海道で仕事をしているのなら、せめて歴史くらい勉強せ~よ! と言いたい。

最近のテレビ番組はトークショーが主流であることから、知識と話術を要求されることが多いため、結局はそれを兼ね備えたタレントが重宝されているようだ。
局のアナウンサーも、ある程度の教養が要求されていることは言うまでもなく、某テレビ局のような「タレント性」オンリーの時代は終わったような気がする。アナウンサーはタレントではないのだ。

ゆえに、アナウンサーを職業としている人たちは、それなりの知識と教養とを兼ね備えていただきたいと願っている。

また、テレビタレントのなかでも、やっぱり「マツコデラックス」はすごいなと思うことがある。
いろんな番組の司会を務めているが、ちゃんとしたポリシーを持ったうえでの的確な発言を聞いていると、さすがだなと思ってしまう。
それと、相手のことを常に考えていてくれるという配慮がコメントや態度に表れているので、それが多くの人たちから支持される理由だろうと思う。

あのタモリがNHKで活躍しているように、いずれはマツコの良さが認められて出演するのはそう遠くはないだろう。
でも、「おねぇ」に対して、未だに拒絶反応をする日本人もいると思うので、市民権を得てからだろうな。

一度聞いてみたいと思うのは、NHKに出演してはならないブラックリストってあるんだろうかということ。

そんじょそこらのタレントやアナウンサーに比べたら、絶対にいいと思うけどなあ。

c0360130_16341891.jpg
c0360130_16342517.jpg
c0360130_16343069.jpg
c0360130_16343577.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-26 16:34 | デジカメ散歩 | Comments(9)

一人酔い

まだ9時だというのに、ちょっといい気分になってきた。
ワインをそろそろ空けて、次は何を飲もうか思案中。
こんなときは、やっぱりこの曲だな。

【 エディ藩  「横浜ホンキートンク ブルース」 】
https://www.youtube.com/watch?v=mpUgTI-NLtQ

ヨコハマのなつかしい想い出が、よみがえってくる。
あのころ、ボクは若かったなあ・・・キミもね。

c0360130_21052582.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2018-01-25 21:06 | Comments(8)

写真は、2018年5月18日誕生の初孫「美來梨(みくり)女のコ」です。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん