サバラン

帯広出身のブログ仲間から教えていただいた、ケーキ屋あくつ。サバランが最高。
c0360130_21125106.jpeg
c0360130_21130504.jpeg
c0360130_21132145.jpeg
c0360130_21133383.jpeg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-07-21 21:11 | Comments(3)

インデアンカレー

念願のインデアンカレーを食べる
c0360130_17074468.jpeg
c0360130_17075547.jpeg
c0360130_17080534.jpeg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-07-21 17:07 | Comments(1)

帯広へ

十勝をドライブ中です。
気温32℃って、ちょっと暑いなあ。
c0360130_16004834.jpeg
c0360130_16013962.jpeg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-07-21 15:59 | Comments(1)

十勝へ

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。
今夜も そのなぞる音が 遠くの街から聞こえてくる。


明日から、十勝・帯広へドライブしてくるので、月曜までブログをお休みします。
今日は早く寝て、朝早くに函館を出発します。
明後日は、夜に函館へ戻ってくる予定です。

猛暑となっておられる地域の皆さん、熱中症等から身体を守って、元気でお過ごしください。

月曜日にお会いしましょう。

【 松山千春 「大空と大地の中で」 】
https://www.youtube.com/watch?v=kdsnfWdpWyI

北海道を歌った代表的な曲。
「北海道の歌」にしてもいいと、ボクは思っています。
この曲を聴くと、希望が飛び込んできてくれそうです。

写真は、函館・旧イギリス領事館のバラ。6月30日撮影。マクロレンズ使用。

★★★★★

明日から帯広へドライブするが、行きは道東自動車道を、帰りには日勝(にっしょう)峠の国道274号線を予定している。

日勝峠に通じる国道は、2016年8月30日の台風による土砂災害で寸断され、昨年10月28日に、1年2ヶ月ぶりに復旧した。
その間は、自動車道を利用することがベストだったので、昨年6月の帯広までのドライブは道東自動車道を往復利用した。
が、その交通量はハンパでなく、パーキングエリアも大混雑していた記憶がある。

今回は、国道もやっと開通したので、自動車道も少しは緩和されたかなということと、1994年から96年まで根室へ単身赴任していた2年間通った日勝峠を久々にドライブしてみるかという気持ちがあった。
もう20年前のことになるから、道路もおそらく整備されているだろうな。

日勝峠の展望台から眺める、北海道らしい雄大な景色を想い出す。
帰路は別に急がないので、クルマを途中途中で停めて、その景色をカメラに収めようと思う。

ただ、お天気がどうなるかだが、週間予報は雨は降らないみたいだし、土日の帯広は「晴れ」マークの最高32℃と31℃・・・、函館は29℃って・・・、ま、いいか。
やっぱり、普段のおこないがいいのか、どうだか。

自分用のおみやげは、「六花亭」本店と「高橋まんじゅう屋」、それにケーキ屋「あくつ」のスイーツに落ち着きそう。
「六花亭」はいまさら語ることでもないし、「高橋まんじゅう屋」と「あくつ」は帯広のブログ仲間の女性からアドバイスされた地元の銘菓店。

「あくつ」は、フランス焼き菓子「サバラン」が美味い。
「高橋まんじゅう屋」は「チーズ入りおやき」が最高らしくて、十勝出身のあの中島みゆきやドリカムの吉田美和が食べていたという。
帯広がメインの十勝地方は「スイーツ王国」と言われるくらいのメッカなので、やっぱりそれが楽しみかもね。

はい、安全運転で、GO!ひろみしてきます。
では。

c0360130_16283678.jpg
c0360130_16284281.jpg
c0360130_16284851.jpg
c0360130_16285483.jpg
c0360130_16290215.jpg
c0360130_16290801.jpg
c0360130_16292619.jpg


[PR]
# by ejichan555 | 2018-07-20 16:29 | デジカメ散歩 | Comments(12)

夏が来た

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。
たったひとつだけ刻まれた あのブルーの影。
そのころの曲が流れるたびに グラスの氷をなぞってみる。
今夜も そのなぞる音が 遠くの街から聞こえてくる。


家にいるとそうでもないんだけど、外へ出たら暑かった。
というよりも湿気があるという感じかな。
クルマも窓開けて走っていても暑いので、とうとうエアコンを付けました。
函館にも、いよいよ暑い夏がやってきたのかな。
ビールがおいしい季節到来です。

【 「夏の終わり」 オフ・コース 】
https://www.youtube.com/watch?v=QhjMRt8fi54

夏はこれからだけど、動画の北海道の風景がきれいすぎます。
名曲ですね。

★★★★★

札幌が遠くなったように感じるのは、
①安いホテルが常に満室で予約できない
②仮に予約できたとしても料金が高すぎる
③マナーの悪い外国人旅行客が増加している
などの理由による。

ひと昔前だと、狸小路に行って美味い酒とおかずを楽しみたい と気の向くままに安いホテルを予約してクルマででかけていた。
宿泊料金は、1泊朝食付の2名でおおよそ10,000円くらいの安さ。
今は予約が取れたとしても、最低25,000円は確実に取られる。
ホテル側もかなり強気なんだなと思ったけど、おそらく外国人旅行客が増えた結果なのだろう。

札幌のこのホテル状況について、ちょっと前にNHKで報道していた。
韓国、台湾、中国、そして香港のほかに、東南アジア諸国と新千歳空港とに国際定期路線が開設されたことにより、北海道を訪れる外国人が多くなった。

旅行には宿泊先でのホテルが必要であり、その外国旅行会社が需要を見込んで手ごろなホテルをネット予約で埋め尽くす。
だが、その需要がないと判断されれば、キャンセル料金が発生しない直前にキャンセルするという。
このやり方に対するホテル側の対応も無理だという。

試しに、来週末に札幌へ行きたいと思ってネット予約しても「満室」で門前払いとなるが、その週の水曜あたりに同じところを検索すると「空室」となっていることがある。
でも、ボク側にすれば、計画性のない、行き当たりばったりの旅行のような気がして、なんか気が進まない。

今週末に1泊2日で帯広へ行くが、帯広でのホテル代は札幌より確実に安く済む。
ただ、以前にも書いたが、帯広も来年のNHK朝ドラの舞台となるから、来年の今ごろは宿泊予約もままならない状況になると思う。

以前、余市のニッカウィスキー工場を舞台にした「マッサン」が放送されたが、その工場見学がいまだに大人気となっている。

札幌にはブログ仲間がいっぱいいるので、オフ会を月1回はしてもいいなと思っているのだが、こんな状況なら見送らざるを得ないだろう。
北海道人が、気軽に札幌へ遊びに行けないなんて、なんか変だよね。

c0360130_17432559.jpg
c0360130_17433154.jpg
c0360130_17433791.jpg
c0360130_17434307.jpg
c0360130_17434976.jpg
c0360130_17435592.jpg
c0360130_17440205.jpg
c0360130_17440772.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-07-19 17:44 | デジカメ散歩 | Comments(8)

写真は、2018年5月18日誕生の初孫「美來梨(みくり)女のコ」です。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん