写真は、2018年5月18日誕生の初孫「美來梨(みくり)女のコ」です。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん

みくりんがやってくる

あのころの海と空と、そして大地のために

明日以降の掲載は微妙です。
今日の夕方から、八王子の孫「みくりん」がママとやってきます。パパは週末。
生後5ヶ月の初の函館へ飛んできます。
ジジも楽しみです。
ということで、明日は明日の風が吹く ということで。

【 Dessay - Legrand - Les Parapluies de Cherbourg - Paris - 2009 】
( 「シェルブールの雨傘」 ナタリー・デセイ ミシェル・ルグラン )
https://www.youtube.com/watch?v=piCAwY9aWHU

ミシェル・ルグランは説明するまでもないのですが、ナタリー・デセイはフランスが誇る美人オペラ歌手(53)です。
ソプラノ・オペラ歌手もこうしてポピュラー音楽をこなすからすごいですわ。脱帽。

c0360130_14403999.jpg
c0360130_14404501.jpg
c0360130_14410063.jpg
c0360130_14410641.jpg
c0360130_14411352.jpg



[PR]
# by ejichan555 | 2018-10-17 14:41 | デジカメ散歩 | Comments(9)

4-3

あのころの海と空と、そして大地のために

サッカー日本代表、お見事!
ランキング5位のウルグアイに快勝!
完全に見下した試合内容です。
それにしても、10代のころからボクが注目してた南野がこれだけ活躍するとは。
「堂安」「南野」「中島」のトリオはすごい破壊力です。
それに中盤の遠藤もすごい。
とにかく、強かった。
これからが、すごい楽しみですわ。

【 「戦場のメリークリスマス」 坂本龍一 】
https://www.youtube.com/watch?v=ZY5J03EDe9k

いつ聴いても、すんなりと入ってきます。

写真は、ニセコ・神仙沼(しんせんぬま)。9月23日撮影。

c0360130_21525458.jpg
c0360130_21530183.jpg
c0360130_21530772.jpg
c0360130_21531351.jpg
c0360130_21532034.jpg
c0360130_21532943.jpg
c0360130_21534458.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-10-16 21:53 | デジカメ散歩 | Comments(4)

あのころの海と空と、そして大地のために

秋晴れというんだろうか。
今日もいいお天気でした。
途中でにわか雨になりましたが、でも、明日は雨予報です。
日に日に寒くなっていくんですよね。

【 「加茂の流れに」   かぐや姫 】
https://www.youtube.com/watch?v=_wgWmJtg2Ck

かぐや姫の大好きな曲。
これを聴くと、京都へ行きたくなります。
結婚するまで毎年訪れていましたが、まだ行っていないところもあります。
それがね、こころのこりです。

写真は、仁木町とニセコから見た羊蹄山。9月17日撮影。

c0360130_21055084.jpg
c0360130_21055847.jpg
c0360130_21060585.jpg
c0360130_21061076.jpg
c0360130_21061772.jpg
c0360130_21062393.jpg
c0360130_21062916.jpg
c0360130_21063561.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-10-15 21:06 | デジカメ散歩 | Comments(2)

キミと出会った奇跡が

あのころの海と空と、そして大地のために

今日もお天気が良かったので、市内をドライブしました。
西浜岸壁に、偶然にもあの「日本丸」が停泊していたので、バチバチ写真を撮りました。
後日掲載します。

優雅というか気品があって、まさに「海の貴婦人」ですね。
帆船を久々に間近で見ることができて、今日はなんていい日だったんだろう。
日ごろの行いがそうしたのかもね。
神様、ありがと。

【 スピッツ  「 空も飛べるはず」 】
https://www.youtube.com/watch?v=h-kQw4JqCHE

名曲ですね。好きな曲で、カラオケでよく歌いました。
このテンポが、昭和30年代生とピッタリあうんですわ。
このテンポで残りの人生を生きていきたいものです。

★★★★★

いろんなことが起こり過ぎて、すでに今年前半のできごとも忘れてしまうくらいだ。
そんな状態だから、去年とかそれ以前のできごとがずいぶん過去のことのように思えるものもある。

先日のノーベル医学賞受賞の報道を見ていて、ふと思ったことがあった。
『STAP細胞はあります!』という、なつかしい言葉が脳裏を横切った。

たしか4年くらい前だったと思うが、この発言をした女史の名前は特徴があったので、ちゃんと覚えている。
ま、かわいかったということも理由だが。
「リケジョ」の「小保方晴子」さん。

実験室での割ぽう着姿が強烈なインパクトを与え、そのかわいさも手伝ってか世の男性をとりこにした記憶が残っている。
いちやく脚光を浴びたが、その研究内容がコピーだったとかということでクレームがつき、一気に奈落の底に落ちてしまった。

それから、ほかのいろんなことが後から後から発生するものだから、その後彼女がどうしているのかと思うこともなく、そのノーベル賞受賞の報道で、ふと思い出すくらいに記憶の片隅に置き去りにされていた。
言葉を変えれば、ノーベル賞受賞の報道がなければ、彼女のことを思い出すことはなかっただろうと。

いろんなことが起きているのは昔とほとんど変わらないと思うが、問題はニュースリークの早さとボリュームだろうと考える。
毎日のようにテレビやネットで報道される事件や現象等があまりにも多いので、その情報量についていくのがやっとという感じになっている。
だから、インパクトのあるものは記憶に一定期間残り、そうでないものは「昨日の夕食はナニを食べたっけ?」というくらいに自然と忘れ去られているのが現状ではないかと。

ニュース報道で、「昨年10月に発生した・・・」とあると、『ああ、あの事件ね。あれから1年も経過したんだ。もっと過去の事件だと思ってた。』くらいの感覚に自分がなってしまっているのに驚く。

そういえば、大阪の警察署から逃げた男性が広島だかそのあたりで捕まった事件報道を見て、『あれれ、因島だか尾道だかで服役中の男性が逃げた事件って、いつだったっけ。今年だったよなあ。』と、事実は記憶にあるのだが、それがいつ起きたのかをすっかり忘れてしまっている。

それと、故人となられた報道も多いので、故人の記憶はあるものの、いつ亡くなられたまでは記憶がはっきりしない。
要は、事実はかろうじて記憶に残るものの、それがいつだったかということまでは思い出せないのが現実。

極端な話だけど、サッカーW杯ロシア大会や冬季オリンピック平昌大会が今年あったことなど、もうとっくに忘れてしまっているのがボクの現実である。

ボクがトシ取って記憶が薄らいでいるという事実もあるだろうが、逆にいえば、昔と比べて今は「時」が経過していくのがあまりにも早いのではと感じるからなのだろうと、ボクは思っているのだが。


c0360130_17491375.jpg
c0360130_17492109.jpg
c0360130_17492835.jpg
c0360130_17493425.jpg
c0360130_17494105.jpg
c0360130_17494777.jpg
c0360130_17495552.jpg
c0360130_17500204.jpg
c0360130_17501397.jpg
c0360130_17502124.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2018-10-14 18:07 | デジカメ散歩 | Comments(4)

日本海を見に・・・

あのころの海と空と、そして大地のために

日本海を眺めに、江差町の鴎島へ行ってきました。
その写真は、いずれはアップする予定ですが、秋とは思えない、青い海の色でした。
カラスが多かったのがちょっと気になりましたが、遠くに奥尻島がかすかに見えて、船旅したいなと思いました。
台風や地震続きで、久々に穏やかな週末を迎えています。


【 「遙かなる影」  The Carpenters 】
https://www.youtube.com/watch?v=17mAeTrdQss

久々に聴くと、いいなと思う曲ってありますよね。
この曲もそれとおなじ。
想い出が、詰まっているんだわ。なつかしい。

写真は、余市のニッカウィスキー工場内の記念館ですが、暗すぎて、ピントがかなりボケてしまいました。あしからず。

★★★★★

9月に発生した「胆振東部地震」の余震が1ヶ月経過した現在も続いており、被災地の厚真町などから直線で200キロ以上離れた函館でも、「1」または「2」の余震が発生しており、昨日も「3」の余震があったが、影響のない暮らしが続いている。
同じ北海道なのに、まるで他人事のような感じではあるが、安心感という、こころにすき間が発生したりすることもあるので、常に注意はしているつもりである。

連休最後の8日午後10時くらいに余震があり、震源地の厚真町付近が震度「2」「3」だったのに、そこから100キロくらい離れた札幌市東区で「4」を記録した。
地震直後に報道されたその分布図を見て、ほとんどの道産子が「!」「?」と思っただろう。
専門家ではないので、どうしてそういう分布になったのかはわからないが、震源地よりも「揺れ」が大きかったちう数値に首をかしげた。
こんなことってあるんだなと。

余震が1ヶ月以上も続いているということは、発生したプレート間の「ずれ」が完全に治まっていないということらしいが、少し前の熊本地震とあまり変わらない状況なのかなと思ってしまった。

10月になると、北海道はそろそろ冬バージョンの準備をする。
多くの住宅では500リットルの灯油タンクを屋外に設置してストーブで寒さをしのぐ冬となるが、こんなに頻繁に地震がくると、その都度ストーブのスイッチを切るなどの安全対策や、タンクから油漏れしていないか、あるいは給油管が破損していないかなどに神経が注がれることもあるだろう。
まして、停電にでもなったら、「暖」をどうやって確保するかが問題になってくる。
そういう不安の影が、年末を迎えるこの時期にだんだんと大きくなってくるような気がしてならない。

それから、地震でまともな暮らしができないご年配者をターゲットにした「サギ」が発生しているという。
サギ行為をする悪党どもには、当然、人間性などなく、これ幸いと考えて実行している「クズ」がほとんどなのだろう。
こういうクズどもは、人権がどうのこうのと言う輩も一方ではいるだろうが、罪をもっと重くするとか、裁判を公開中継するとかそれなりの社会的制裁を加えるなどして、予防することが肝要ではないのかと思う。
それくらいやらないと、人の弱みにつけこむクズどもは消滅しないだろう。

まったく情けない世の中になってしまったものだ。

c0360130_17321019.jpg
c0360130_17321730.jpg
c0360130_17322477.jpg
c0360130_17323206.jpg
c0360130_17323903.jpg
c0360130_17324567.jpg
c0360130_17325290.jpg
c0360130_17325954.jpg


[PR]
# by ejichan555 | 2018-10-13 17:47 | デジカメ散歩 | Comments(6)