熱帯植物園の花⑥

ここは、青い風が流れる街。

今日は、大沼国定公園の湖面を歩くツアーに参加してきました。
約60名がおよそ5キロの道のり・・・凍結した湖上を歩きました。
正式には、「大沼湖面ウォーキング」ですが、湖面を歩くって・・・なんか変だよね。
歩いたあとは温泉へ、そして昼食。
少し疲労気味ですが、気持ちいい一日を過ごすことができました。

★★★★★


娘が通うピアノ教室はボクの転勤で、苫小牧(2~4歳)、札幌(4~6歳)、函館(6歳~)と変わった。
函館で小学生となり、市民会館小ホールでの生まれてはじめてのピアノ発表会で、両親はかわいい洋服を買ってあげた。
毎年、発表会が催されるので、毎年、買ってあげた。
わずか3分くらいの演奏時間だったけど、晴れの発表会だからとイトーヨーカドーへ3人で行き、娘が着たい服を買ってあげた。
ピアノ発表会って、やっぱり大事なんだよねと、冬の空を見上げて言った記憶がある。

その発表会の演奏風景などを含めた成長記録を、8ミリビデオにしっかり収めていたので、稚内での単身生活の余暇を利用してその約50本をDVDに焼き替え、このあいだ、娘にプレゼントした。
テープはアナログなので、録音時間分がそのまま作業時間となったことは言うまでもなく、1日1本のノルマを自分に課し、2ヶ月を費やしてなんとか完成した。
なんとか・・・冬期間の稚内では「ホワイトアウト」に遭遇する機会が多いことから遠出を自粛していたので、仕事で外出する以外は、スポーツジムで身体を鍛えるか、それとも室内にこもるかの選択しかなく、結果、余暇がありあまっていたわけであるが。
それにしても2年間の単身生活で、市内での「ホワイトアウト」に2回直面した。ほんと、白一色でまったく見えない恐怖だったんだよなあ。

日常生活を含めて、娘の成長記録をカメラと8ミリとでこまめに収めていたことから、娘の友だちからは、「たまちゃんのパパ」とあだ名された。
「たまちゃん」とは、「ちびまるこちゃん」の親友であり、そのパパがカメラ好きで、いつも娘のたまちゃんを撮影していたので、それと同じ存在だったということ。
娘が私立の女子中学へ進学し、「ハンドベル部」に所属したので、クリスマスの発表会や旧函館区公会堂でのサマーコンサートなどの催しものがあるたび、「親バカ」が引き続きカメラと8ミリを回していたので、その姿を見て「たまちゃんのパパ」と命名されたのである。
左手に8ミリ、右手にカメラのいわば「おっかけ父さん」をしていたのだった。
その成長記録が、まさか今年5月の結婚式披露宴の「新郎新婦紹介」に役にたつとは、当時は全然思っていなかったよ。

(つづく)

c0360130_19093698.jpg
c0360130_19094700.jpg
c0360130_19095325.jpg
c0360130_19095959.jpg
c0360130_19100764.jpg
c0360130_19101679.jpg
c0360130_19102378.jpg
c0360130_19103729.jpg
c0360130_19104470.jpg


[PR]
# by ejichan555 | 2017-02-11 19:11 | Comments(4)

メガ生ビール

ノドが渇いた山ガールのひとりが、メガ生ビールを飲んだ。
c0360130_14460016.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-02-11 14:45 | Comments(4)

昼メシ

ちょっと遅めの昼メシです。
c0360130_14414598.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-02-11 14:40 | Comments(0)

氷上ツアー

大沼国定公園の氷上ツアー、無事終わりました。温泉入浴して昼メシです。お疲れさま。
c0360130_14050807.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-02-11 14:03 | Comments(0)

熱帯植物園の花⑤

ここは、青い風が流れる街。

今日は、ちょっと暖かな気温でした。
でも、精密検査のため、朝一番から病院へ。
午前8時に到着して、受付が午前8時30分、採血等の検査が午前9時30分から、医師の問診が午前10時30分、って短いほうなのかなあ。

今月20日から検査入院・・・約2週間。

入院手続きと説明を終えて、会計して、時計をみたら午後1時。
検査のため昨日の午後9時以降、水もなにも口にしていなかったが、ハラが減りすぎて食欲なくなった。
外来患者って、よく我慢するよね。

明日は、山ガールたちと大沼国定公園の氷上散歩をスノーシューで楽しんできます。

★★★★★


3歳になった娘は、苫小牧でピアノ教室の電子オルガンの鍵盤に向かうようになり、母親は実家にある自分が弾いていたスタンドピアノを我が家に運ばせた。
我が家といっても転勤人生だったから借家住まいだったし、娘が大学進学のため相模原へ引っ越したとき、母親はピアノを思い切って処分することにした。
そのピアノは、母親が「保母」になるため、短大生のときに親から買ってもらったものだったので、いろんな想い出があったに違いないが、あっさりと処分した。
母親の、その性格に父親のボクは、おそらく惚れたのだろうと思う。
今おもえば、その処分が大正解だったのかもしれない。
その代わりではあるが、我が家のオーディオは、CD中心の機器となっていたので、プレイヤーがないことから、聴けなくなったボクの宝物であるLPレコード約300枚、EPレコード約200枚ぜんぶを処分させられた。仕方ないと思った。

(つづく)

c0360130_16364118.jpg
c0360130_16364854.jpg
c0360130_16365584.jpg
c0360130_16370156.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-02-10 16:38 | Comments(12)

写真は、夏目雅子。生きてたら今年12月で「還暦」だった。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん