ここは、青い風が流れる街。

クロード・ルルーシュ監督の秀作。
あのイブ・モンタンとアニー・ジラルドーが共演した映画ですが、やっぱり、キャンディス・バーゲンの美しさがひかりましたね。映画を観て、ひかれてしまいました。
音楽もフランシス・レイで、フランス映画の傑作のひとつでしょう。
クロード・ルルーシュが大好きなので、何度観てもいいですわ。

【映画】
https://www.youtube.com/watch?v=jaOkYw33dgw

【キャンディス・バーゲン】
https://www.youtube.com/watch?v=M6XgRlnpVx4

c0360130_21050807.jpg
c0360130_21051818.jpg
c0360130_21053142.jpg
c0360130_21053946.jpg
c0360130_21054792.jpg
c0360130_21055605.jpg
c0360130_21060668.jpg
c0360130_21061540.jpg
c0360130_21062436.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-05-10 21:06 | Comments(2)
ごまめさんが三陸を訪れたときの掲載写真で、なつかしい喫茶店がありました。
ボクが訪れたのは2008年2月20日で、海岸線にある喫茶「異人館」で昼食をとりました。
あまりにも落ち着いたセンスのある店内だったので、コンデジで軽く撮影しました。
その撮影したものをここに掲載します。
しかし、2011年3月の大震災で、この喫茶店のほとんどが流されたとのこと。
マスターはそれでも見事に復活してくれました。
どうなったかすごく心配でしたが、ごまめさんがちゃんと近況を撮影してくれました。
ありがとう、ネ。

https://www.youtube.com/watch?v=e48DdHE00p0

c0360130_21384396.jpg
c0360130_21385764.jpg
c0360130_21390414.jpg
c0360130_21391214.jpg
c0360130_21392231.jpg
c0360130_21394174.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-05-09 21:40 | デジカメ散歩 | Comments(8)

映画「ピノキオ」

ここは、青い風が流れる街。

子供のころに、ディズニーはよく見ました。
テレビでもウォルト・ディズニーさんが案内してくれて。
でも、映画館以外はモノクロだったなあ。
特に、このピノキオは好きでした。
そして、この名曲「星に願いを」が素敵です。

https://www.youtube.com/watch?v=K8YP7h-mad0

月末に娘の結婚式があり、バージンロードを歩くことになるけど、モーニング姿って、これを思い出しましたよ。
その娘も幼稚園児のころに、海水浴へ連れていったら、「クジラが来て、ピノキオのように呑まれるかもしれないから、泳ぎたくない!」とゴネていたことをなつかしく思い出しました。


c0360130_20285953.jpg
c0360130_20290693.jpg
c0360130_20291473.jpg
c0360130_20292162.jpg
c0360130_20292782.jpg
c0360130_20293440.jpg
c0360130_20294018.jpg
c0360130_20294923.jpg


[PR]
# by ejichan555 | 2017-05-09 20:30 | デジカメ散歩 | Comments(6)

Over The Rainbow

ここは、青い風が流れる街。

映画「オズの魔法使い」の挿入歌で、知らない人はいないんじゃないかな、と思うほどポピュラーですね。
子役のジュディ・ガーランドがかわいいですよね。
映画はそんなに記憶がないのですが、この曲だけは大好きなので、いつも脳裏にあります。
「虹の彼方に」という邦題もすてきです。

https://www.youtube.com/watch?v=1HRa4X07jdE

c0360130_21001762.jpg
c0360130_21002546.jpg
c0360130_21003571.jpg
c0360130_21004494.jpg
c0360130_21005087.jpg
c0360130_21010186.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-05-08 21:01 | デジカメ散歩 | Comments(8)
ここは、青い風が流れる街。

たしかにすごいと思いますが、なんかこうちょっとそのすごいが違うような、そんな気がするんですが。
ま、それだけ安全な国であるということなんでしょうけど。

https://www.youtube.com/watch?v=g-4T9bOUYNI

★★★★★

国会議員の不祥事や問題発言がニュース報道されるたびに、その「質」というものが注目されるが、「質」というより、どちらかというと「倫理観の欠如」であろうと考えるのだが。

例えば、結婚している身でありながら、交際相手とハワイで挙式し、ご丁寧にも写真撮影するという、わけのわからない行動をする「先生」に、「社会常識」を持ち合わせているとは到底思えない。

水害先視察のため現地入りした先生は、長靴を履いていなかったため「おんぶ」してもらったニュースには失笑した。先生の秘書の準備が至らなかったのかもしれないが、「水害」という言葉を念頭にすれば、ちょっと違うのではないかと。

また、後援会等での「失言」も、許されるものとそうでないものとがあると考えるが、後者はいくら釈明しても言ってしまったことはプレイバックできないので、当然、責任問題に発展する。
これが、ひと昔の「雪印」という大企業の社長であれば即退任となって、企業分散化という悲しい結末を迎えたが、先生はよほどのことがない限り「議員辞職」までいかない。大臣を辞任すればそれでいい、という風潮が漂ってはいないだろうか。
「東北でよかった」とは、それではどこであったら何故ダメなのか、地元選挙区の佐賀だったらどうなのか、などそういう疑問も含めてちゃんと釈明してもらいたかったが、大臣辞任で例のごとくうやむやとなった。
この先生、この失言の3週間前にも記者とケンカして、「出ていきなさい!」とカンカンになったガキみたいな映像がニュースで流れたばかり。
この先生の行動・言動についてフォローする日本人は後援会も含めて、いったいどのくらいいるのだろうか。
10人中1人いればいいほうか、と思う。

世の中に、「先生」と呼ばれる人は、教員、代議士、医者、そして弁護士くらいかと思うが、いずれも権威の象徴かなと考える。
国家資格が必要な先生は、代議士を除いてほとんどであろう。
要は、代議士のみが誰でもなれる要素を持ち合わせている、と解釈したほうがいいか。
いや、二世議員や親族、秘書などを除けばほんのひと握りしかいない「誰でも」かもしれないが。

だから、というわけではないが、それにしても問題が多すぎないかと考えるが、無所属は別として、党所属であれば立候補するときにもっと厳選して公認していくべきではないかと、ボクは思う。

c0360130_21294105.jpg
c0360130_21294936.jpg
c0360130_21295837.jpg
c0360130_21300946.jpg
c0360130_21301862.jpg
c0360130_21302720.jpg
c0360130_21304678.jpg
c0360130_21305862.jpg
c0360130_21310789.jpg
c0360130_21311819.jpg

[PR]
# by ejichan555 | 2017-05-07 21:31 | デジカメ散歩 | Comments(4)

住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん