<   2017年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

「みね子ロス」

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


NHK「ひよっこ」、終了しました。
最後もちゃんと楽しませてくれました。
ありがとうございます。
父親の実さんの記憶がよみがえってきて、いきなり、重箱のことを話したとき、やっぱり胸がつまりました。
うれし涙というか、そんな液体が落ちてきました。
だって、やっと、取りにこれたんですから。
みね子、6ヶ月、ほんとにありがとう。
エロおやじは、もう「みね子ロス」状態です。

【「オホーツクの海」  松山千春 】
https://www.youtube.com/watch?v=MxPCVoyenp0
北海道人のこころのうたです。

★★★★★

(昨日からのつづき)

3年ぶりにジム会員を復活させ、さっそくYのアクアを受講したが、これはアクアではなく、「勢い」だけのやかましい内容となっていてすごく失望したものの、他の会員はその元気さに引かれて、毎回60名はいるような熱気につつまれていた。

『Yさんのは元気がもらえるんだよね。やっていて楽しいし。』
『Kさんは動きが少ないから、全然おもしろくない。』

どちらがいいのかは個人の好みである。
ただ、15年近くもアクアビクスを習っているボクは、現在はKオンリーであり、その理由は、アクアビクスを習っている人間でなければ理解できないと思う。
その場その場の「お祭り騒ぎ」みたいなレッスンが別にダメとかの話ではなく、オーソドックスなアクアがボクの身体に沁みついているから、単純に受け付けないだけなのかもしれない。
ただ、楽しく動き回ってストレスを発散してスカッとしても、アクアをやったという充実感は伴っていないと思うから、だったら、アクアではない別の表現でプログラムを組んでほしいと思う。

アクアの目的のひとつに、「正しい姿勢を保つ」というものがあり、背筋をまっすぐにして、前のめりにならないよう維持することも教えている。
「動」と「静」とをミックスした45分間をやり遂げることで、「心のゆとり」が保てるような充実感がある。

アクアビクスのインストラクターが「ホットヨガ」も教えるということは、つまりそういう目的もあるのではないかと、ボクは考える。
そのKも50歳を超えているが、ボクの身体が動くまで「師弟関係」は続けるつもりである。
だから、そのことをKに話したら、『貴方は私の現在の一番弟子のようなものだから、これからもオーソドックスなアクアにつきあってね。身体の続くかぎり、お互いがんばりましょう。』と笑っていたけど、それは今まで見たことのない笑顔だった。

c0360130_17110249.jpg
c0360130_17110803.jpg
c0360130_17111566.jpg
c0360130_17112140.jpg
c0360130_17112871.jpg
c0360130_17113508.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-09-30 17:12 | デジカメ散歩 | Comments(8)

プレミアムトーク

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


「ひよっこ」の家族そろって歌合戦、おもしろかったですねえ。
きっと優勝するかな と。
そのあとの「あさイチ」の「有村架純 プレミアムトーク」も最高でした。
彼女の女優魂をちゃんと感じましたよ。
すてきな女優になると信じています。
衣装がすごく素敵で、おじさんはノックアウトされました。
この調子だと、明日の最終回を観たあと、「みね子ロス」になること必至。
どうしましょ。

【 「さざ波」 荒井由実 】
https://www.youtube.com/watch?v=t5Qa-plOMxw
この曲の一番最後の歌詞 ♪こころの文字も 少しゆれている グレイの影とわたしだけの10月♪が最高に好きです。

【 「天気雨」 荒井由実 】
https://www.youtube.com/watch?v=7IME4_vohcY
湘南ということばをボクのこころに刻んだ想い出の曲です。

ユーミンの最高アルバム「十四番目の月」から選曲しました。
当時は、この2曲にやられてしまいました。
ユーミン信者になることを決定づけたアルバムです。
しかし、ピンクのレコードジャケット、美大出身のセンスだなと脱帽しました。

★★★★★

スポーツジムで毎週木曜日に習っているプールでのアクアビクスについて書き留めておきたい。

アクアのインストラクターKとは、娘がキッズエアロを始めた小学1年生からのお付き合いなので、もう25年は経過している。
ボクが本格的にジムトレを始めたのは、右足アキレス腱を断裂する前の36歳で、そのころは「スタジオ」のエアロにも顔を出すほどのジムトレ熱中時代だった。
アキレス腱を断裂してから無理することなく、水泳と筋トレに比重をおくようになり、アクアビクスをやりだしたのは47歳のころだった。

アクアに興味を持ったのは、たまたま前述のインストラクターKが教えていた という単純な理由からで、それと水中のほうがエネルギー消費率も高く、心拍数も上がらないなど身体に負担があまりかからないということもあった。

また、49歳のときに「四十肩」を両方やってしまい、完治するまでの3年間は泳ぎを断念して、下半身を安定させるため「水中歩行」を地道に行った。
現在は、そのインストラクターKに週1でアクアを習っているが、彼女のレッスンには毎回10名程度しか集まらない。
ジムトレで一緒になるメンバーにその理由を尋ねてみたら、意外な回答がでてきた。
つまり、彼女のアクアはオーソドックスすぎておもしろみに欠けているそうだ。
反対に、もう一人いるアクアのインストラクターYのレッスンでは、常時60名くらい集まる。それは、元気が良くて、活気ある内容だからだそうだ。

インストラクターYは、ボクが別のスポーツジムにいたときからの付き合いだが、当時は駆け出しだったので、「ぬるい」内容の記憶しかない。
8年くらい前に現在のスポーツジムが開設されてから、Yはここでもアクアを教えた。
ボクもマンネリ化した人間関係の良くないスポーツジムをやめて現在のジムに入会し、彼女のアクアも受講したが、いつもどおりやっていても寒い状態となり、逆に身体が冷えてくるので、途中で抜け出して泳ぎを始めるほどだった。

その後、ボクが苫小牧へ出稼ぎすることになったので、別れ際に『キミのアクアは元気がなくて、やっていても寒くなるから、もっと元気にやったほうがいいんじゃない。』とアドバイスした。
当時は、アクアを週2回、YとKを1回ずつ受講していたが、3年間のブランクを経て今のジムに戻ってきたとき、Yのアクアがすごい人気であることを知らされた。

(つづく)

c0360130_16210024.jpg
c0360130_16210656.jpg
c0360130_16211282.jpg
c0360130_16212048.jpg
c0360130_16212699.jpg
c0360130_16213929.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-09-29 16:28 | デジカメ散歩 | Comments(6)

若いころの恋

若いころの恋の想い出って、楽しいことよりも悲しいことのほうがより多く残っている。
いろんな恋をして、結局は、結婚して子供が生まれて・・・という人生はだれも同じだったのだろう。
でも、なぜか若いころの恋の想い出って、無意識のうちによみがえってくるから不思議だ。
死ぬほど好きだった、愛していた女性は、いま、どうしているんだろ。
いろいろなことが走馬灯のように脳裏をかけめぐり・・・
秋の夜長って、いつもこんなことばかり想い出されてしまう。

【 松任谷由実 「残されたもの」】
https://www.youtube.com/watch?v=zBWDfaLWUC8

【 松任谷由実 「私なしでも」】
https://www.youtube.com/watch?v=oWuddXjvLeA

いずれもユーミンが結婚後に発表したアルバム「紅雀」に収められている名曲。
特に、このアルバムのラストに収められた「残されたもの」は、いつ聴いても泣けてきます。
歌詞が胸に突き刺さるんです。こまったオトコだ。

写真は、北海道・奥尻島。2008年4月17日撮影。

c0360130_21212306.jpg
c0360130_21214618.jpg
c0360130_21215222.jpg
c0360130_21220048.jpg
c0360130_21222465.jpg
c0360130_21223439.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-09-28 21:23 | Comments(10)

「ひよっこ」木曜分

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


みね子が畑の花たちに、自分の代わりに谷田部家を助けて行ってくださいって話しかけるのが良かったなあ。
それにリンゴ農家へ嫁いだ高子(佐藤仁美)が相変わらずおもしろかった。
あと2日で終わっちまうなあ。楽しい6ヶ月でした。ありがと。

【 松任谷由実 「守ってあげたい」 】
https://www.youtube.com/watch?v=vkrCoBEruw0

【 松任谷由実 「青いエアメール」 】
https://www.youtube.com/watch?v=J9YLWRJDXRI

★★★★★

このトシになって、テレビドラマにハマるとは全く予想していなかった。
でも、ライブで観るのはあまりなく、録画してからゆっくり楽しみというものが多い。

今からおよそ5年前に苫小牧へ出稼ぎすることになり、マンションに誰もすまなくなったことから、ずっと契約していたスカパーをやめた。
2年間の出稼ぎを終えて、函館へ戻ってきてから、スカパーはいずれ再入会しようと思ってはいたが、結局はやめたままの状態が継続されている。
それと、以前にも書いたが、BSもアンテナケーブルをテレビに接続していないので、テレビは地上波しか観ないという希少動物になっている。
地上波はNHKを中心に観ており、番組紹介ではBSものが多く放送され、その番宣を眺めていると、そろそろアンテナケーブルを接続してBS契約するかなと考えていたのだが。

職場の後輩から、テレビで映画放送を観るなら「アマゾン・プライム」がいいと勧められた。
年会費は、税込みで3,900円となっていて、配信される映画が観放題、アマゾンでの商品購入時は送料無料などの特典がついているという。
年会費だから、月々だと325円・・・絶対に安いし、1ヶ月分がお試し無料サービスなのである。

スカパー契約したのは10年以上前の稚内単身生活時代。
サッカーのコンサドーレの試合と映画を観るために契約したが、今ではコンサドーレはホームゲームが地上波で観戦できるようになったし、映画はパソコン配信の「GYAO」(基本は無料)でも観られる。
それに輪をかけてテレビドラマとマツコの番組を観る性分となったので、要は多様化の波にのまれている状況なのである。

そうこうしているうちにBSを観るという欲求が高まってきて、どうしようかと迷っていたときの「アマゾン・プライム」だったのである。
アマゾンはSCDやDVDを購入するくらいの利用しかないが、年間3,900円で映画観放題というのが魅力的なので、10月から契約するつもりである。
ネット上では、「これからも3,900円で維持されればいいけど、値上がりする可能性は否定できない」という発言もある。
だが、ボクとしては極端な値上がりでない限り、一人の長い夜を楽しもうと考えている。

c0360130_18470196.jpg
c0360130_18470777.jpg
c0360130_18471682.jpg
c0360130_18472392.jpg
c0360130_18472941.jpg
c0360130_18473434.jpg
c0360130_18474314.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-09-28 18:48 | デジカメ散歩 | Comments(2)

「ひよっこ」水曜分

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


「飛んで火に入る由香」とは、良く言ったものだ。そのとおりだから、おもしろい。
中華料理屋さんの養女を囲む温かい雰囲気がいいですね。
明日も楽しいだわい。

で、明日と明後日の「あさイチ」(朝の「ひよっこ」のあと)は、すごいゲストなんで、ぜひ観なくちゃ。
木曜・・・米屋のラブラブ2人  金曜・・・みね子


【 「メリー・ジェーン」 つのだ☆ひろ 】
https://www.youtube.com/watch?v=2G_CmOKabLM

発表されてもう45年も経過したけど、良い曲はいつも新鮮です。
チークを踊りたくなった。

c0360130_21220248.jpg
c0360130_21221922.jpg
c0360130_21222986.jpg
c0360130_21224150.jpg
c0360130_21224751.jpg
c0360130_21225362.jpg
c0360130_21230152.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-09-27 21:23 | デジカメ散歩 | Comments(10)

「ひよっこ」火曜分

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


早苗さん、良かったですね。
でも、もうちょっとかっこいいドラマーかなと勝手に想像していたんで・・・
そして、あの漫画家2人は、やっぱり「藤子不二雄」のコピーだったんですね。
たぬき型ロボット「みねっこ」は、きっとヒットまちがいなしだよね。
それと、世津子さんがアパートで暮らすって、きっと精神的に落ち着くんだろうね。
さて、明日はどうなるんだろ。

【 中ノ森BAND  「Oh My Darlin'」 】
https://www.youtube.com/watch?v=v0qdK_aIilI
このバンド、好きでしたねえ。ボーカルがすべてですね。

写真は、函館・香雪園。9月21日撮影。
あと1ヶ月もしたら、紅葉になります。

c0360130_21091515.jpg
c0360130_21092114.jpg
c0360130_21092893.jpg
c0360130_21093772.jpg
c0360130_21094461.jpg



[PR]
by ejichan555 | 2017-09-26 21:10 | デジカメ散歩 | Comments(4)

「ひよっこ」月曜分

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


今日は、米屋の二人が片付きました。良かった。
次は、早苗さんかな。あといないからね。
みね子の制服、色がすてきだなあ。すんごくいいなと思いましたよ。
あと5回かよ。

【 「この広い野原いっぱい」 森山良子 】
https://www.youtube.com/watch?v=UoBvitGX7d4

大好きなフォークソングの名曲です。

写真は、留寿都の赤い靴、きみちゃん。9月16日撮影。

c0360130_21094384.jpg
c0360130_21094985.jpg
c0360130_21095540.jpg
c0360130_21100298.jpg
c0360130_21100832.jpg
c0360130_21101422.jpg
c0360130_21102179.jpg
c0360130_21105709.jpg
c0360130_21110341.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-09-25 21:11 | デジカメ散歩 | Comments(4)

暑かったなあ~

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


いったい何℃あったんだろ。
天気が良かったので、日本海側の江差へドライブ。
長そで着ていたけど、窓あけてもあんまり涼しくなくならないので、エアコンを。
江差に到着し、鴎島の海の駅でイベントが開催されていて、江差にこんなに人がいるんだと驚いたりして(ごめんなさい)、歩いていると、なんか真夏のような日差しが。
汗ばんできましたよ。
いったい何℃あったんだろ。

【「ごめんね」 高橋真梨子】
https://www.youtube.com/watch?v=Ahngjp5H8Is


c0360130_18440185.jpg
c0360130_18441206.jpg
c0360130_18441926.jpg
c0360130_18442603.jpg
c0360130_18443503.jpg
c0360130_18444005.jpg
c0360130_18445081.jpg
c0360130_18451009.jpg
c0360130_18451648.jpg
c0360130_18453226.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-09-24 18:45 | デジカメ散歩 | Comments(8)

最高の1枚

ボクは18のときから「ユーミン信者」だった。もちろん、拓郎も陽水もかぐや姫も大好きだった。
ただ、ユーミンだけは別格だった。
「雨の街を」をはじめて聴いたときのあの衝撃をいまだに覚えている。狂ったのは、この曲がはじまりだった。
美大出身だけに、歌詞に「カラー」が見える。
その「カラー」を想像するだけで、ユーミンの世界に入ることができた。
アルバムはどれも好きだけど、やっぱり、このアルバムが一番好きだ。
結婚直前に発表した最高傑作だと、ボクは信じている。
「十四番目の月」は、満月が結婚で、その直前のハッピィな気分を曲にしていて、ユーミンらしく見事にアルバムを作り上げている。
ボクにとっては、ユーミンの最高の1枚。どの曲も大好き。
ジャケットデザインも、もう最高です。

【「十四番目の月」 荒井由実 】
https://www.youtube.com/watch?v=B7JmD6NoYMM

c0360130_00520216.jpg
c0360130_00513672.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-09-24 00:53 | デジカメ散歩 | Comments(10)

白黒テレビ

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。
キミの胸に宿る メモリアル・ブルー。


「ひよっこ」、良かったですねえ。
シェフ「省吾」の告白が胸を打ちますし、あのVサインは、「二番目」ということだったんですね。
参りました。
でも、女性陣があとからあとから思いがかなって、来週はどうなるんだろ。

【 「卒業写真」 ハイ・ファイ・セット 】
https://www.youtube.com/watch?v=4Vb__BlYNDE

【 「スカイレストラン」 ハイ・ファイ・セット 】
https://www.youtube.com/watch?v=kR8aBePCxPw

写真は、北斗市野辺地に保存されている寝台特急「北斗星」。9月3日撮影。

★★★★★

子供のころの白黒テレビで観たものは、やっぱり白黒で脳裏に記憶されている。
その白黒の番組で一番印象にあるのは、NHK「ひょっこりひょうたん島」(以下「ひょうたん島」)であるが、このころはもうすでにカラー放送されていたものの、ボクの家のテレビは白黒だったから、その記憶しかない。

「ひょうたん島」の前は「チロリン村とくるみの木」だったと思うが、これについてはあまり記憶がなく、むしろボクの兄や姉の「団塊の世代」で人気があったおだろうと考える。

さて、「ひょうたん島」には「ハカセ」「サンデー先生」「ドン・ガバチョ」「ダンディー」「トラヒゲ」などが人形で出てくる15分くらいの番組だったと思う。
作者は「井上ひさし」であり、「ひょうたん島」でいろんなところを巡って冒険するという設定は、子供のボクには「楽しさ」と「夢」とがあった。

それから、あの「渡辺プロ」がテレビ番組を牛耳っていたころの「シャボン玉ホリデー」と「ザ・ヒットパレード」も毎回観ていた。
この歌番組を観ていたから、おそらく音楽好きの青年になったのだろうと思うくらい影響を受けていたことはたしかである。
両親が好きだった「春日八郎」「三橋美智也」そして「松山恵子」らの曲を子守歌にしていたボクには、ちょっと変わったジャンルの音楽だと興味を持っていたのだろう。

「シャボン玉ホリデー」のコントもクレイジーキャッツがいい味を出していて、特に植木等と谷啓とがその才能を十分に発揮していたように思う。
「ザ・ヒットパレード」もザ・ピーナッツがメインを務める音楽番組で、とにかくすべてが新鮮だったし、ボクの音楽好きがここから出発したのだろうと思っている。

このころのポップスはアメリカン・ミュージックをほぼコピーしているスタイルだったと思うけど、それでもテレビで新しい曲を聴けるのが楽しみだった。
ボクんちで、テレビが白黒からカラーに変わったのはいつだったか記憶にないが、確かなのは札幌冬季オリンピックをカラーで観たということ。
いや、待てよ、冬季オリンピックは1972年だから高校2年生のとき・・・違うなあ、もっと前だ。

「ウルトラセブン」も「メキシコオリンピック」もカラーで観ている。
それに、淀川長治さんの名解説でおなじみの「日曜洋画劇場」もカラー作品はカラーで観ている。
「メキシコオリンピック」は1968年開催だから、中学2年生にはなっているだろうが、よくわからん。
どうでもいいようなことは、トシ取ってくると、ぼやけていくんだろうなあ。
ったく、情けねえ~や。

c0360130_19062985.jpg
c0360130_19063561.jpg
c0360130_19064221.jpg
c0360130_19064764.jpg
c0360130_19065398.jpg
c0360130_19065807.jpg
c0360130_19070494.jpg
c0360130_19071374.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-09-23 19:07 | デジカメ散歩 | Comments(6)

写真は、今金町の風景。2009年撮影。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん