カテゴリ:デジカメ散歩( 103 )

ここは、青い風が流れる街。

なんだろうねえ、週末はそんなに空模様が良くなかったのに、今日は初夏らしいお天気なんだよね。
打って変わってのいいお天気って言うんだろうなあ。
今週の予報では、気温も上がって初夏らしくなるようです。
期待しましょう。

NHKのさんまの番組で、さきほどモリタカが歌っていて、妙になつかしくなりました。

【森高千里 「渡良瀬橋」】
https://www.youtube.com/watch?v=hYUrBTYuhAQ

写真は、「十勝千年の森」です。6月24日撮影。

★★★★★

あいにくの曇り空だったが、わずかに流れる新緑の風に吹かれながら、十勝千年の森を歩いた。
グリーングラスの匂いが、初夏という季節を想像させてくれる。

森のなかに造られた林道を進む。
林道はウッドチップが敷きつめられているので、柔らかな感触で足に優しい。
エゾカンゾウをはじめ、いろんな花が、あたりまえのように咲いているところがこころを穏やかにしてくれる。

林道をしばらく進むと「チーズ工房」がある。
ここからの眺めがすばらしく、誰がこの風景を演出したのだろうと思った。
挽きたてのコーヒーを口に運びながら、いつまでも眺めていたい光景である。

林道を左に折れるとガーデンが並んでいて、休憩できるハウスがある。
そこを通りぬけてヤギたちがいるファームガーデンへ行く。
生まれたての子ヤギたちが無邪気に牧草を食べている。なにも考えなくて、こうして生きていくんだろうなと思うと、すこしジェラシーを覚えた。

小川をわたり、アースガーデンへもどる。
ここでのんびりしたいなあ、ここで暮らしたらきっとストレスもないだろうな、とまじめに考えてしまうところがこわい。

千年の丘まで歩いて行こうと考えたが、ドライバーのボクは現実に戻り、山ガールの相棒はその本能がよみがえったのか、黙々と千年の丘を目指して一人登っていき、ボクはこの草原をさまようことにした。

新緑の草原で初夏の微風を感じる、このひとときを求めて、函館からやってきた旅人を、歓迎してくれて、ほんとうにありがとう、森の妖精たちよ。

c0360130_21044272.jpg
c0360130_21044910.jpg
c0360130_21045692.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-06-26 21:05 | デジカメ散歩 | Comments(0)

帰ってきました

ここは、青い風が流れる街。

帯広1泊2日のドライブ、良かったですよ。
青空には恵まれませんでしたが、それなりに楽しかったなあ。
可能であれば、今秋にもまた行きます。
やっぱり、あこがれる大地ですね、十勝は。

【Mal Waldron 「 Soul Eyes 」】大好きな演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=rO7eroROBek

写真は、帯広。6月24日撮影。もちろん、スマホです。
①トスカチーナで遅い昼食、前菜のサラダ
②トスカチーナのメイン、海鮮パスタ
③チェックイン後に、JR帯広駅へ

c0360130_21213428.jpg
c0360130_21220803.jpg
c0360130_21222490.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-25 21:22 | デジカメ散歩 | Comments(4)

十勝千年の森

ここは、青い風が流れる街。

明日から1泊2日で帯広へ行ってきます。
前回行けなかった「十勝千年の森」を堪能してきます。
お天気がちょっと心配ですが、なんとかなるでしょう。
これから、職場での送別会で飲んできます。

明日の掲載はお休みします。

【十勝千年の森(北海道ガーデン街道)】
https://www.youtube.com/watch?v=oJu6VONuUQE

【十勝千年の森(PR版)】
https://www.youtube.com/watch?v=nSlheefaknE


写真は、2015年5月に訪れたときのものです。

c0360130_14364024.jpg
c0360130_14365384.jpg
c0360130_14370167.jpg
c0360130_14371026.jpg
c0360130_14371814.jpg
c0360130_14372987.jpg
c0360130_14374339.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-23 14:38 | デジカメ散歩 | Comments(6)
ここは、青い風が流れる街。

ジョン・ボイドとダスティン・ホフマンの共演が良かったし、ストーリーも完璧でした。それに、このサントラ盤も良かった。アカデミー賞ですからねえ。
ダスティン・ホフマンが最後死んじゃうのですが、その映像が焼き付いていて、この動画を観てしんみりしました。
いい映画でした。

【映画「真夜中のカウボーイ」紹介版】
https://www.youtube.com/watch?v=jMoXQOmIcgo

【映画「真夜中のカウボーイ」エンディング】
https://www.youtube.com/watch?v=S24yQQMuCLk

★★★★★

今週末は帯広へ遊びに行くことにした。

もちろんクルマでだが、本命の札幌はホテルが全然ゲットできないことや、空きがあっても1泊15,000円(1名)以上もするので、ちょっとねえ という感じ。
帯広は2名で8,700円という価格であり、高速料金(長万部〜帯広)を上乗せしても断然安いという現実がつきつけられるのだ。

おととしの5月末に帯広へ行き、その味が忘れられなくて、また行きたいと誓っていた。
帯広は、「六花亭」「柳月」の本店がある北海道屈指のスイーツ王国で、そこを巡るだけでも楽しくなる。
それに「酪農王国」という看板もあり、「あずき」を使った「おはぎ」などおいしさはとどまるところを知らない。
市内中心部にある、イタリアンレストラン「十勝農園」は名前を聞いただけでも反応してしまうし、「屋台横丁」もなかなかなのである。

函館からはおよそ500キロの道のりであるが、高速道を併用することによって時間短縮や安全面などがフォローされる。
今回の目的は、もちろんスイーツ巡りもあるが、前回訪れることのできなかった「十勝千年の森」散策と、「柳月」が経営するレストラン「トスカチーナ」がメインである。

今のところ、週末の天気予報は「曇り」であり、雨の心配はそれほどないようだ。ただ、日曜日の気温が20℃を切るようなのだが、ま、北海道の初夏を満喫できるロングドライブになりそうだ。楽しみ、楽しみ。

c0360130_18535991.jpg
c0360130_18540649.jpg
c0360130_18542493.jpg
c0360130_18543814.jpg
c0360130_18544870.jpg
c0360130_18545533.jpg
c0360130_18551791.jpg
c0360130_18552435.jpg
c0360130_18553107.jpg
c0360130_18553898.jpg


[PR]
by ejichan555 | 2017-06-22 18:55 | デジカメ散歩 | Comments(6)

また、雨ダス

ここは、青い風が流れる街。

そんなに降るとは予想していなかったのですが、ちゃんとけっこうな降りになりました。
6月だから仕方がないというか、ずっと雨が続いているので、「またかよ〜」っていう感じです。
しょうがねえなあ、酒でも飲んで寝るか と。

【In The Court Of The Crimson King ~ King Crimson ~】ヘビーロックの神曲ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=eHJ7An2CMB4

★★★★★

先週末に小説「ツバキ文具店」を読み終えて、なんかこう、いいものにめぐりあえた満足感というものがあった。
NHKでテレビ化され、金曜夜10時のドラマ枠で放送されたが、この時間帯はずっとNHKのドラマを観ていることが功を奏したかたちとなった。
いつものように観ていたのだが、2話目くらいから真剣に観るようになり、毎回、涙を流すようになった。ハマった。

特に、4話目くらいだったと思うが、昔から相思相愛だった女性に「ありがとう」の代書を頼む話には、もう泣けて泣けて、しばらく放心状態になった。
お互いに別の人と結婚し、子供もできてしあわせに暮らしていて、別れてから会うこともなく、やっと近況報告的な手紙を送るのだが、その代書依頼した男性は、実はガンを告知されていて、その手紙が届いたころに他界した。
主人公の鳩子は、その送り先の女性を訪ねて、依頼主が他界したことを知らせようとしたが、その女性が庭先でダンナと子供としあわせそうに遊んでいる光景に、つい通り過ぎてしまう。
テレビはここまで突っ込んだストーリーだったが、小説では手紙を送ったところで終わっている。

それから、字がうまくないCAの妻が義母へ手紙(代書)を出すストーリーも泣けたし、認知症の母親あてに、天国から父親が手紙(代書)を送る息子のストーリーもオイオイ泣けた。
映像と文字とがクロスオーバーして、その光景が思い出されるので、なおさら「力」を入れて読むことができた。

なかでも、やっぱり、鳩子の祖母である「先代」が文通相手だった在イタリアの「静子」さんへ病床で書いた手紙が胸を刺し、涙がボロボロ出てきて、しばらく動けなかった。
孫の鳩子に対する想い出や後悔の念などを綴っているのだが、ほんとうに感動させられる手紙だった。
次の手紙が送られてこないときは、この世にいないと思ってください といった内容は、琴線に触れっぱなしで、もう涙が止まらなかった。
また、エンディングで鳩子から先代へあてた手紙も素晴らしい内容で、感動した。

この小説を読み終えて、なんだが残された自分の人生がすこし軌道修正されたようなそんな錯覚がしたが、読み手に影響を与えることって、作家冥利に尽きるのだろうな、きっと。
いい小説にめぐりあえました。作者の「小川 糸」さん、ありがとう。

c0360130_18370770.jpg
c0360130_18371505.jpg
c0360130_18372260.jpg
c0360130_18372941.jpg
c0360130_18373660.jpg
c0360130_18374259.jpg
c0360130_18374829.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-21 18:38 | デジカメ散歩 | Comments(8)

映画「白いドレスの女」

ここは、青い風が流れる街。

この映画はすごかった。
DVDを買っちゃいましたよ。
いちおうサスペンスなんですが、おもしろかった。
女優のキャスリーン・ターナーがすごくセクシーで、鼻血が出てしまうほどでした。

【映画「白いドレスの女」①】ベストシーンですね。
https://www.youtube.com/watch?v=UyLPINB34vo

【映画「白いドレスの女」②】最初の出会いです。
https://www.youtube.com/watch?v=_m-TVwQkJ8I

【映画「白いドレスの女」③】エンディングがすべて。
https://www.youtube.com/watch?v=aA5K7nq4Mi0

写真は、五稜郭公園内のつつじですが、都市伝説であの土方歳三が眠っている場所です。
毎年、真っ赤なつつじが咲きます。

c0360130_20534924.jpg
c0360130_20535608.jpg
c0360130_20540550.jpg
c0360130_20541315.jpg
c0360130_20542348.jpg
c0360130_20543153.jpg
c0360130_20543747.jpg
c0360130_20544557.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-20 20:55 | デジカメ散歩 | Comments(2)

東京コミックショー

ここは、青い風が流れる街。

これ、大好きでしたねえ。
何回見ても、シナリオがわかっていても、やっぱりおかしかった。
今でもおかしいですわ。
子供のころから夢中でしたよ。
こんなコミック、もうでてこないだろうなあ。
古き良き昭和の大衆芸だと思います。

【東京コミックショー】
https://www.youtube.com/watch?v=WcYBdaoAVY8

写真は、五稜郭公園のつつじ。5月29日撮影。

c0360130_21113185.jpg
c0360130_21113977.jpg
c0360130_21114602.jpg
c0360130_21115494.jpg
c0360130_21120355.jpg
c0360130_21121219.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-19 21:12 | デジカメ散歩 | Comments(4)

やっと初夏かなあ

朝から、気持ちの良い風がベランダから流れてきました。
半そででもいいなと、プチ喜んだりして。
6月はこうでないとね。
いいお天気でした。

【「Superstar」  The Carpenters 】
https://www.youtube.com/watch?v=l3gK7FeGY7E

★★★★★

娘の結婚式が終わり、これからの目標をどこへ向けようかと考えているところであるが、定年退職後にどうにか再雇用してもらい、月曜から水曜まで仕事をしている現状から、「長旅」というのはいささか無理がある。

「長旅」は完全退職の65歳からはじめようと思う。
漠然とした構想ではあるが、マイカーで1ヶ月くらいかけて本州方面へロングドライブしようかなと考えている。

北海道から本州へは、四国や九州のように自動車専用のトンネルや橋がないのでフェリー利用となるか、それとも到着駅からのレンタカー利用のいずれかの選択となる。
あの「青函トンネル」は列車専用で、現在は北海道新幹線と貨物列車、ごくまれに運行される豪華寝台特急などしか通行していない。
フェリー会社も新幹線開業で勉強してきたせいか、函館~青森が片道14,800円というのが今年から限定販売された。通常だと普通車で20,000円ちょっとらしい。
新幹線の料金は、新函館北斗~新青森間が片道7,060円なので、新青森からのレンタカー利用はあまりメリットがなくなってきているような気もする。
ただ、新幹線が1時間に対して、フェリーは4時間近くも時間を費やすため、時間を気にしないという条件での「フェリー+マイカー」選択となるだろう。

本州ルートは、移動手段はマイカーで、宿はネット検索し、ダメな場合は道の駅という考えであるが、ちょっと「寄り道」をして、その結果、予定していないマチでの宿泊あるいは野宿といったワクワク感も「長旅」には必要だろうと思う。
おおざっぱには、日本海側を下関まで走り、九州をくまなく周り、瀬戸内海・山陽道を巡りながら、近畿から東海道、関東から東北へという構想なので、おそらくは30日はかかるだろうと。

四国は、いずれお遍路巡りを予定しているし、信濃路はアップルラインやビーナスラインの景色を浴びながら、ゆっくり巡りたいと考えているので、それまで取っておきたいんです。

c0360130_16220839.jpg
c0360130_16221760.jpg
c0360130_16222370.jpg
c0360130_16223016.jpg
c0360130_16223833.jpg
c0360130_16224595.jpg
c0360130_16225402.jpg
c0360130_16230065.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-18 16:23 | デジカメ散歩 | Comments(8)

映画「暗殺の森」

ここは、青い風が流れる街。

ベルナルド・ベルトルッチ監督の名作。
怖かったですねえ。
役者もすばらしかった。
ジャン・ルイ・トランティニアンとドミニク・サンダがすてきでしたよ。
特にドミニク・サンダは、こころを奪われそうな、そんな魅力がありました。

【映画「暗殺の森」予告編】
https://www.youtube.com/watch?v=OSwd7hDvBe0

★★★★★

札幌・中央区の「北海道立近代美術館」で開催中の「大原美術展」を観るため、11日(日)にクルマで日帰りした。往復でおよそ560キロの距離。

娘の結婚式で動きが取れずに、6月3日か4日に行こうと計画していたが、嵐のようなお天気が続いたため断念し、10日か11日に延期していた。
だが、その週の札幌は「よさこいソーラン祭り」一色となり、中心部の混雑が予想され、まして、天気予報も「気圧の谷の通過」とかであまり芳しくなかった。
また、一番の問題は、開催期間の最終日が11日ということなので、船越英一郎が出てきそうな、崖っぷちに立たされた状況となり、天気が回復されるであろう、その最終日に強行することにした。

朝6時に函館を出て、国道オンリーで長万部~豊浦~留寿都~中山峠~定山渓を経て札幌中心部に着いたのが11時ちょっと前と、予測していたより早く到着した。
函館を出るときは晴れていたが、途中は「雨」「ガス」「曇り」「強雨」のなんでもありで、おまけに外気温が11℃から15℃と表示されるくらい寒く、ヒーターを付けながら走行した。

美術館は、中央区の北1条西18丁目にあり、付近の駐車場を利用、小走りに向かった。
最終日だったので、すごいギャラリーだったが、1枚1枚を堪能することができて、ほんとう強行して良かったと思った。

が、「場違い」は美術館にいて、まず、60歳は過ぎているであろう女性2人連れが、ボクのとなりで絵画のわきにある掲示の説明文を声を出して読みながら、絵画ではなく、説明文のその感想を話し合っているのだ。
気が散るのでその2人をにらんだが、おかまいなしに会話している。
周囲もその2人に気付き、避けるように鑑賞しはじめたので、ボクもタイミングをずらすことにした。

美術館での鑑賞マナーをちゃんとマスターすべきというか、当たり前のこともできないレベルであれば、入館する資格はないだろう。

いよいよボクのお目当ての佐伯祐三の絵画にたどりついた。

が、今度は別の70歳くらいの女性2人が立ち止まって、大きな声で世間話をしているのである。
これはスタッフが注意すべきであるが、残念ながら知らないフリをしていた。
そのババァたちが去るのを待つことにしたが、これもやっぱりおかしいでしょう。

ボクを含めてギャラリーのなかから、『ちょっと静かにしてもらえませんか。』と注意したとしても、少しの間は黙るかもしれないが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」状態で、復活は目に見えている。
まして、ここは美術館内である。世間話は出て行ってから死ぬまでやってくれ。
要は、「ユーは、なにをしに美術館へ来た?」 だろうな。

せっかく佐伯祐三の絵画を観ることができたというのに、なんかこっちのほうが記憶に残ってしまって、歓び半減の帰路だった。

c0360130_17465726.jpg
c0360130_17471074.jpg
c0360130_17471652.jpg
c0360130_17472417.jpg
c0360130_17474448.jpg
c0360130_17475227.jpg
c0360130_17480212.jpg
c0360130_17481435.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-17 17:49 | デジカメ散歩 | Comments(12)

魅力

ここは、青い風が流れる街。

観るヒマもないので、録画したテレビ番組がどんどんたまっていった。
それで、今日は観賞会をすることにして、かなり観た。

と言っても、マツコが出演する番組と、連続ドラマばかり。
どうにか、一角を崩したような気持ちになったものの、まだまだ。

今夜も観ることにするか。

【Eric Carmen  「 All by myself」 】
https://www.youtube.com/watch?v=IB05QgjNO0E

★★★★★

ラグビーのワールドカップ・2015年イングランド大会予選リーグで、日本代表が世界ランキング第3位の南アフリカ代表に劇的な大逆転を演じ、「世紀の番狂わせ」と世界に報道された。

ラグビーファンなら、どれだけの番狂わせなのかは当然わかっているが、「にわか族」には理解できないので、ある解説者が例を示した。

日本が南アフリカに勝ったことを例えると、「女優の桐谷美玲がレスリングで吉田沙保里にフォール勝ちすること」と説明した。

知人から聞いた話では、その桐谷美玲はなんでも世界第8位の美女だそうだが、今までじっくりと見たことがなかった。

その彼女が主演するテレビドラマをずっと観ていて、昨日終了した。
バカバカしい内容だったがおもしろく、桐谷美玲はたしかにきれいな女優さんであることを認識した。

でも、それよりも気になったのがいた。

はい、正解です。
「ブルゾンちえみ」です。

彼女を見たのが実ははじめてで、ボクにとってはかなりの衝撃度だった。
インパクトが強すぎたのか、あの独特の化粧が常に記憶に残り、ネット検索して、彼女がどういう女性なのかを知るまでに至ったが、脳裏から離れない日々がつづいた。

別に好みではないが、気になるタレントと表現したほうがいいだろうな。
名前も「ブルゾン」が最初は「ボブソン」と覚えてしまって、知人に笑われたりしたが、ちゃんと「ブルゾン」と言えるようになり、でも、やっぱり気になった。
ピン芸も見たが、「35億」とかわけのわからない内容に一瞬戸惑うことばかりの結果であるものの、妙におかしくて、だんだんとひかれていった。

女性の魅力って、いったいなんだろうか と思うときがある。
たしかに、ミス・ユニバースのような容姿が理想的であるものの、「個性」も捨てがたいと思う。

例えば、あの「渡辺直美」だっていいなと思うこともある。
あの体形でもダンスはハンパじゃないし、逆に開き直った会話もおもしろい。
容姿から想像できない、意外な個性というものに魅力を感じるのだ。

極端な話、美人は整形で造形されることもあるが、個性は自分の努力も大きく影響する。
ブルゾンもそういう個性を兼ね備えていたから、魅力が出たのだろうと考える。
おそらく、彼女は台風の目となるだろうが、今後も期待したキャラである。

c0360130_17304285.jpg
c0360130_17305187.jpg
c0360130_17310051.jpg
c0360130_17310775.jpg
c0360130_17311677.jpg
c0360130_17312460.jpg
c0360130_17313669.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-06-16 17:32 | デジカメ散歩 | Comments(4)

住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん