2017年 08月 19日 ( 3 )

納涼花火大会

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。

いい天気にめぐまれました。
今夜19時45分、打ち上げ開始です。
実況中継も写真掲載も(飲みに忙しくて)できません。あしからず。

【せんこう花火 吉田拓郎 】
https://www.youtube.com/watch?v=OJmZ5mABVe0

名曲ですね。歌詞がすばらしすぎます。

★★★★★

函館のガソリン店頭価格が北海道内で一番安いという話を聞く。
ドライブが好きなので、道内各地へクルマ移動することが多く、そのマチそのマチでのスタンドの表示価格が目に入るが、たしかに函館よりも高い表示である。
例えば、1ℓあたりの函館価格が118円(税込み)のとき、札幌では126円、帯広では128円となっている。
石油精製工場がある室蘭や苫小牧でも126円くらいで、函館のような120円台を切るという表示は見られない。

では、何故、函館がダントツに安いのだろうか という疑問にはっきりと答えられる理由はボクにはわからない。
でも、昔から函館だけが安かったわけではないので、近年、安くなる要因が発生した としか考えられない。

以下、実名入りでその要因を考えてみることにした。

北海道内には、4つくらいの安値でスタンド販売する、割と名が知れた会社がある。
大手の出光など、その系列で看板を出して販売しているところもあるが、これらのスタンドとは全く別である。

①モダ石油 ②オカモト ③ホクレン ④アサヒ商会 がその4つであり、①~③までは道内各地にスタンドがあるが、④は函館が地元で、函館市内と道内を含めた全国に50店舗以上展開しているようだ。

4つ目のアサヒ商会は函館の老舗であるが、現社長が「価格破壊」を掲げて一般よりも7円安く販売するという戦略に出た。
営業品目にかかわらず、どの会社も同じように組合を形成して親睦を深めているのが実情らしいが、この会社は脱退したそうだ。
組合に加入していることで、自由が制限されるという考え方だったらしい。

7円安くするために、人件費削減のため給油施設のみのセルフスタンド化を徹底し、「窓ふき」などのサービスをやめた。
当然、灯油もセルフであり、そのほかにあるのは洗車施設くらいだろう。
他のスタンドと違って、従業員も1名しかいない質素なスタンドである。
その結果、瞬く間にシェアが広がり、逆に閉鎖するスタンドが増えていった。

今では全国的にスタンドを展開しているようで、ボクも苫小牧で仕事していたときはお世話になった。
新規スタンドを新たに建設するのではなく、中古のスタンドを買い取る「現状維持」のスタイルを採用しているようだ。

ちなみに、この会社のガソリン供給元は元売りではないようだが(一説にはあの「伊藤忠」が韓国から輸入して卸しているといううわさも聞く)、1円でも安ければ流れるという消費者の心理をうまくとらえたので、供給元が枯渇しない限り函館での天下はゆるぎないだろう。

今は、たしか「クローバー」という看板も出しているようだが、函館へドライブされたときは、会員でなければ2円高くなるものの、やっぱり安いのでお得ですよ。

c0360130_14565610.jpg
c0360130_14570345.jpg
c0360130_14572118.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-19 14:57 | デジカメ散歩 | Comments(0)

函館山

すごい人だらけです。

c0360130_11473582.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-19 11:46 | Comments(2)

晴れた!

久々の晴れ。今夜の花火大会の夜店が並び出しました。
c0360130_10092354.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-19 10:08 | Comments(6)

写真は、札幌ホワイトイルミネーション。2004年12月撮影。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん