2017年 08月 10日 ( 2 )

20℃って・・・

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。


木曜日ですから、午前中にジムトレとアクアビクスをこなして、さっぱりして、クルマに乗りエンジンをかけました。
ちょっと霧雨っぽかったので、ちょっと寒いなと感じたところまではよかった。
で、外気温の表示をみたら・・・20℃! ってありか!
夕方に食料品買い出しでスーパーへ行ったら、客の半分くらい長そででした。
こっちはTシャツにタンパンなのに さ。
ちょっと異常気温だな。

【「Killing Me Softly With His Song」(やさしく歌って) Roberta Flack 】
https://www.youtube.com/watch?v=kgl-VRdXr7I

★★★★★

8月は、本州では蒸し暑い日々が続く、一番いやな時期だろう。
ごめんなさい と先に謝っていたほうが得策だと思うので、ペコリm(__)m。

北海道は、日本の中でも「亜寒帯」となる珍しい地域なので、8月は爽やかな風が吹く日中と天然クーラーが効く涼しい夜の日々である。
8月が過ぎれば、北海道には秋がすぐやってくる。

逆に、真夏のクソ暑い日に道産子が羽田空港へ降り立ち、ターミナルビルから外へ一歩踏み出すと、『なんじゃ、こりゃあ。』と下からの照り返しに「即死」状態となる。
5分もたたないうちに、キアヌ・リーブス・・・いや、毛穴からアセがお邪魔しだす。毛穴全開オンパレードが始まるのだ。

だから、6~9月は極力本州方面へ旅することをボクは避けている。
とくに、九州は道産子にとってはかなりヤバイらしく、「秒殺」状態となるようだ。
クソ暑さはなんとか耐えられるかもしれないが、要は湿気なのである。
湿気さえなければ、なんとかなるか と思ったりするが、あまい考えか・・・。

気候的には、「亜寒帯」の北海道は一部の地域を除いて「亜寒帯湿潤気候」に分類されるそうだ。
で、ここで言う「一部の地域」・・・はい、ボクが住む函館や室蘭周辺の北海道南西部太平洋側を意味するそうで、この地域は「西岸海洋性気候」と呼ばれるそうだ。
「西岸海洋性気候」は、日本ではほかには青森周辺などの東北地方にもあるらしい。
ということは、函館はやっぱり北海道ではない・・・のか。

「西岸海洋性気候」って、もしかしてあのイギリス、アメリカ西海岸やオーストラリア南東部の気候?
ウィキペディアで検索したら、やっぱりそうだった。
つまり、緯度が高いのに、海流の影響で、夏はさほど気温が上がらず、冬もそんなに寒くはない、人間が住むうえで理想的な気候らしい。

北海道の気象予報を見るたびに、函館は「仲間はずれ」にされている感があったので、これで納得した。

また、函館と同じく太平洋側に面する室蘭と苫小牧とは、お天気はおおよそ同じかもしれないが、冬期間の寒さが全く違う。
室蘭は函館と同じく「西岸海洋性気候」なので、そんなに寒いとは思えない気温であり、「亜寒帯湿潤気候」の苫小牧は「氷都」と呼ばれるくらい寒い。
どちらのマチもボクは住んだことがあるので、肌で体験しているからこそわかる温度差なのである。
室蘭と苫小牧とは、わずか70キロしか離れていないのに、この温度差がほんとうに不思議だと思ったし、苫小牧はアイスホッケーの盛んなマチということで、むしろ釧路と同じような気候のような気がする。

ただ、北海道内がクソ暑い夏を迎えているなか、釧路だけは20℃前後で推移しているので、『釧路へ避暑に行くか。』と言われるくらいの位置づけなのである。

(つづく)

c0360130_17151374.jpg
c0360130_17151974.jpg
c0360130_17152477.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-10 17:15 | Comments(8)

8月10日

今日は母親の誕生日でした。
大正4年8月10日生で、ボクは母親が40のときの子供でした。
ボクが根室で単身生活を送っていたとき、函館の病院で亡くなりました。
死亡の知らせを真夜中の1時に女房からの電話で知り、一睡もせずに約700キロをクルマで走り、函館へ戻りました。
親孝行したいと思うときに、親はいないんですよね。

【ロンド オフコース】
https://www.youtube.com/watch?v=_CGwmHqUX8E

写真は、娘の生後6ヶ月のときの写真。

c0360130_09254056.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-10 09:26 | デジカメ散歩 | Comments(8)

写真は、今金町の風景。2009年撮影。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん