2017年 08月 02日 ( 1 )

ここは、青い風が流れる街。
いつか見たブルーが、キミ住む街角を染めていく。


午前中は曇り空が多かったのですが、午後から次第に晴れて、ハコダテ・ブルーでした。
気持ちの良い一日でしたよ。
さて、明日はナニをしようかなと。

NHK「ひよっこ」、明日は夫婦再会で、どうなっちまうんだよ。
観るのがつらくなってくるって、なんか変だぞ。

【Santana - Smooth ft. Rob Thomas 】
https://www.youtube.com/watch?v=6Whgn_iE5uc
サンタナでの大好きなナンバーです。ラテンだなあ。

★★★★★

「そうめんつゆ」と「ひやむぎつゆ」とは、やっぱり違うのだろうか。
どちらも市販の「ストレートつゆ」の話だが、「そばつゆ」はフィーリング的になんとなくわかるような気がするが、前者の2つの違いってなんなのだろう。
そんなことどうでもいいや と今までだったら片付けていたのに、こんな些細なことに最近はこだわるようになってきた。

60代の日々の暮らしのなかでは、平和的な安定を求める場合が多くなっているが、「つゆ」の違いもどうでもいいことなんだけど、昔からどうも気になっていた。
「そうめんつゆ」でひやむぎを食べるとまずいのだろうか。その反対はどうなのだろう。

ストレートではなく「濃縮タイプ」の代表例としてキッコーマンの「めんみ」はオールマイティだと思うが、こういう種類別の「ストレートつゆ」を並べると、ますます難解になってくる。
昔は「めんつゆ」オンリーで万能だったと思うが、こだわりというか世の中のグルメ化が進んだ結果なのだろうかと、日本は平和なんだなと、そんな気がしてきた。

特に「食」の部分では、テレビという媒体の影響や「インスタグラム」などSNSの普及が一因となっていると思うが、一般平民にしてみれば、そこまでやるか? と疑問に思う食材も少なくない。
確かに食を極めてみれば、素材にこだわるという結論に達するのかもしれないが、果たしてそれだけでいいのだろうか。

昔から「高くて美味いのは当たり前、安くて美味いのが料理人の腕」というセリフがある。
たまに放送されるテレビ朝日系の「芸能人格付けランク」だったっけ、そんな番組があるが、人間の舌なんてそんなに確かなものではない ということを強烈に教えてくれる。

だから、偽装事件というものもときどき発覚するのだろう。
ボクには縁のない高級料亭などが舞台となるようだが、「だます」とあっても食べたことがないので、間違って口にしたとしても全然疑う余地はない と思う。
『ああ、これが最高牛なんですね。どおりで美味いと思いましたわ。』⇒「食べたことないから美味いかどうかわからんけど、確かにスーパーで買うものよりは美味いような気もする。」

だが、後日、偽装事件が発覚した場合はどうするんだろ。
『どおりで これが最高牛! っていう味がしなかったなあ。』とでもコメントするのだろうか。

また、味わうということだけでなく、視覚や聴覚にも左右されることもある。
大自然を眺めながら食するものは、なんでも美味いと思う。
まして、その状況にマッチする曲や効果音が聴こえてくると、ますますハマってしまうだろう。
逆にそういった「まやかし」を巧みに利用することもあるのかもしれないが。

「そうめんつゆ」から話が大きく展開されたみたいだけど、この題材はまた掲載することにします。

c0360130_17381624.jpg
c0360130_17382242.jpg
c0360130_17382957.jpg
c0360130_17383678.jpg
c0360130_17384452.jpg
c0360130_17385338.jpg
c0360130_17385996.jpg
c0360130_17390650.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-08-02 17:39 | Comments(10)

写真は、今金町の風景。2009年撮影。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん