2017年 04月 20日 ( 1 )

函館の桜と町並み

ここは、青い風が流れる街。

函館のサクラ開花予想が当初4月28日だったのが、3日早くなって25日と訂正があった。
でも、こんな寒さで咲くんだろうか、ちょっと疑問ですが、やっと春が到来!っていう感じです。

https://www.youtube.com/watch?v=WoUApTLFmc4

★★★★★

10年以上も一人朝食用に、4個1セットの「カップヨーグルト」を1個食べていたが、先日の検査入院で栄養士から、カップヨーグルトは糖分などが含まれているので、大きいサイズの「プレーンヨーグルト」を食べるよう指導を受けた。
ただ、同じ小分けしたカップヨーグルトでも単価の高いのはOKだそうだが、スーパーで4個180円くらいするので、であれば大きいサイズを買って、食べる都度、容器に移すのが経済的だと判断して実行している。

栄養士によれば、小分けされたカップヨーグルトに入っている果物がシロップ漬けされていたり、糖類が入っている場合が多いからということで、もし果物をヨーグルトに入れたいのであれば、冷凍のブルーベリーやいちごなどを混ぜるのがいいらしい。
ヨーグルト一つにしてもこれだけ「やかましい」レッスンを受講したわけで、でも、自分のためなのですんなりと受け入れている。長生きしたいもんね。
また、低脂肪牛乳を毎朝飲んでいるが、別に普通の牛乳でもいいようで、ただ、低脂肪のほうがより多く飲めるということだけ。

退院してから、スーパーの惣菜コーナーで「フライもの」を敬遠するようになった。
フライの「ころも」は小麦粉が原料なので、これは炭水化物としてカウントされるから、フライものを食するのであればごはんを減らす工夫も必要となるわけだ。
つまり、ごはんを多く食べての満腹感か、それともうまいフライものを食べての充実感がのいずれかの選択をするということ。

アルコールも「ノンアルコール」を平気で口にするようになったが、最近は便利な世の中になったのか、アルコールは5%もあるのに「糖質」「プリン体」がゼロという「ビールもどき」が発売されていて、これには大変世話になっている。
アルコール類を飲んだらいけない、ということではなく、カロリーコントロールをするうえで「節度ある飲酒」をモットーとする心構えが必要ということ。

そういえば、退院後の外食は「そば類」がメインとなってしまったなあ。
一文字のラーメンも、ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーも、ハセストの焼き鳥弁当も意識的にほとんど避けるようになった。
そうだよなあ、スナフルスも行かなくなったし。
なんか寂しい感もないわけではないが、食べるときは食べようと思う。
その分、どこかでコントロールしなければ、ネ。

c0360130_17074698.jpg
c0360130_17075489.jpg
c0360130_17080086.jpg
c0360130_17080981.jpg
c0360130_17081975.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-04-20 17:09 | デジカメ散歩 | Comments(4)

住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん