2017年 03月 05日 ( 1 )

どら焼き

ここは、青い風が流れる街。

娘のダンナが明日から仕事があるので、ひと足先に今日帰りました。
ダンナの実家へ寄って、晩ご飯を食べるとのことで、函館の老舗「千秋庵・総本家」のどら焼きを持たせました。
昨年、ご両親が来函した際に、甘党だったので、どら焼きを渡したところ、すごく気に入ったそうで、それで今回も持たせました。
「千秋庵」は江戸末期に函館で設立された和菓子屋さんで、どら焼きと中花饅頭が有名で、函館の味になっています。それと、せんべいの山親爺も。
ここで修行を積んだ人が、札幌と帯広へ渡り、「暖簾分け」の店を出しました。
札幌は、商才があったようで、「札幌千秋庵」という有名なお店になりました。
一方の帯広は、「帯広千秋庵」となりましたが、のちに店名変更して、「六花亭」となり、北海道を代表するお菓子屋さんになりました。
函館は本店なので、「千秋庵総本家」となりました。

c0360130_17531964.jpg

[PR]
by ejichan555 | 2017-03-05 17:53 | Comments(4)

写真は、夏目雅子。生きてたら今年12月で「還暦」だった。住んでいる街などの写真を掲載しています。なお、当該ブログに掲載中の写真・コラム等を本人の承諾なしに勝手に使用することを禁じます。


by エジちゃん